普通免許の種類

普通免許にはMTとAT限定の2種類があります。

MT MT(マニュアルトランスミッション)車を運転するために必要な免許です。MT車では、運転中にシフトレバーの切り換え操作と左足によるクラッチ操作を行います。自家用やお仕事でMT車に乗られる場合には、この免許が必要になります。この免許でAT車も運転可能です。既にAT限定免許をお持ちの場合には、AT限定解除のための教習を受けていただくことで、本免許が取得可能です。
運転の楽しさを味わいたいこだわり派の方はMTがお勧めです。
AT限定 AT(オートマチックトランスミッション)車は、面倒なクラッチペダルがなく、操作取扱いがラクな「ひらがな」感覚の車です。AT車しか乗られない方にお勧めです。本免許取得後、将来的にMTの運転が必要になった場合、AT限定解除教習を受けていただくことで普通免許(MT)を取得することも可能です。
現在、新車販売台数の95%以上がATとなってきています。MTに比べて教習時間も3時限短いため、より早く取ることができ、料金もお得になっています。

MTにするかATにするか迷われた場合には、お気軽にユタカ豊川にご相談下さい。